全身に使えるローションタイプの除毛ケア用品であるパイナップル豆乳ローションは除毛ケアだけでなく、肌を美しくしてくれる効果もある優れものなのです。

 

お肌に優しい成分で作られているので、敏感肌の人も安心して使用することが出来ます。

 

私も敏感肌なのですが、市販されている除毛クリームって肌がぴりぴりするものが多くて使用出来ない商品が多いんです。ですが鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは使っても肌がぴりぴりすることなく使用出来て良いですよ!

 

肌が弱いとカミソリ負けして肌が痛くなっちゃったり、毛抜きで抜いても抜くときに肌に負担が掛かってしまうので痛くなっちゃうんですよね。それが肌荒れや黒ずみにも繋がってしまうから嫌になっちゃいますよね。

 

でも処理はしないとどんどんムダ毛は増えていってしまうし。エステで脱毛出来れば良いけどお金も掛かるし、肌が弱いからレーザー脱毛とかも心配だし…。

 

そんな肌があまり強くない人でも使用できるパイナップル豆乳ローションですが、肌に優しいだけじゃなく、使うとことで毛質が細くなってムダ毛が目立ちにくくなったり、毛が生えにくくなったりする効果があるのです。

 

抑毛の効果の正体は厳選されたイソフラボンにあるのです。イソフラボンには女性ホルモンにとても良く似た働きをする効果があります。

 

鈴木ハーブ研究所は約5000種類もあるイソフラボンの中から、特に相性の良い「大豆エキス」と「アイリスエキス」の2種類を配合することでムダ毛が生えにくくしてくれるのです。

 

そもそもムダ毛は男性ホルモンが増えることに比例して増えてしまうという性質があります。この増えてしまった男性ホルモンをイソフラボンの力で減らしていきます。

 

さらに女性の果実といわれている「ザクロエキス」も配合されています。このザクロエキスにはホルモンバランスを整えるくれる効果があるので、ザクロエキスの成分もイソフラボンと同じでホルモンバランスをコントロールし、ムダ毛が生えるのを抑えてくれるのです。さらにコラーゲンも含まれているので美肌にも良いのです。

 

パイナップル豆乳ローションは肌の角質にまで成分を浸透させる工夫もされています。

 

「エタノール」で皮膚や汚れを落とし「テトラヒドロピペリン」が成分の浸透を助けてくれます。更に「マンダリンオレンジ果皮エキス」で肌のキメを整えて肌を明るく見せてくれます。

 

「パイナップルエキス」と「パパイン酵素」で肌を柔らかくして角質をケアして美肌ケアもしてくれます。

 

市販品で除毛クリームは多く売られていますが、パイナップル豆乳ローションは除毛ケアにプラスして美肌効果もあるので嬉しいですよね。しかも1本で除毛ケアと美肌ケアが出来るのでお手入れも簡単。ローションの伸びもいいので塗り広げやすいですし、保湿力もちゃんとあるので夜お風呂上がりに塗るだけで、翌朝まで肌のしっとり感が残っています。

 

また抑毛効果の他にも除毛で出来てしまった黒ずみなども目立たなくしていく効果があるので嬉しいですよね。

 

せっかく除毛しても黒いポツポツが残ってしまっていたり、肌が荒れてカサカサになってしまったり、黒ずみが出来てしまっていたらムダ毛がなくても恥ずかしいですもんね。

 

パイナップル豆乳ローションの使い方は?

抑毛効果のあるパイナップル豆乳ローションですが、どうやって使用すれば良いのでしょうか?

 

使い方はとっても簡単です。1日1回、お肌に塗るだけです。清潔な肌に塗るのが効果的なのでお風呂上がりが良いです。

 

より効果的に抑毛効果を感じるにはカミソリや毛抜きなどでムダ毛の処理をした後にパイナップル豆乳ローションを塗ってください。

 

気になる部分には2~3回重ね塗りをしたり、コットンパックをするとより効果が実感出来ます。

 

パイナップル豆乳ローション 口コミ

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!