お肌に優しい成分で出来ている「パイナップル豆乳ローション」ですが、使用していて危険性はあるのでしょうか?

原材料(全成分)を徹底的に調べてみました!

まずは原材料(全成分)ですが

 

水、エタノール、ダイズ種子エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス、ザクロ果皮エキス、パパイン、カルボマー、アルギン酸Na、BG、メチラペン

 

が配合されています。この中で私が分からない成分に危険性がないか調べてみました。

パイナップル豆乳ローションの危険性について

まずは「テトラヒドロピペリン」これは黒胡椒の果実から抽出された成分です。浸透力を高める効果があり、整肌作用があります。調べたところ危険性はありません。

 

次に「カルボマー」です。「カルボチシビニルポリマー」の略称で、クリームや乳液の安定剤として多くの化粧品に使われています。成分の浸透を助けて、保湿効果を高めてくれます。カルボマーは人工的に作られますが、体内で作られるタンパク質やコラーゲンなどの成分を利用することもあります。

 

最近のカルボマーは食品に利用しても大丈夫なくらい危険性が少ないそうです。

 

次は「アルギン酸Na」水溶性高分子の一種で、保湿成分として利用されています。天然系の原料が由来なのでアレルギー反応を起こすことも無く、人工的に作られたグリセリンなどよりも安心して使用することが出来ます。

 

次は「BG」です。これはアルコールの一種で、刺激が少ない比較的安全な保湿成分です。抗菌作用があるので化粧品に配合する防腐剤の量を減らすことが出来ます。

 

天然成分ではないですが、グリセリンよりも低害です。

 

最後は「メチルパラペン」です。旧表示指定成分であるパラペン(パラオキシ安息香酸エステル)の一種で、主に防腐剤として使用されています。パラペンの中では一番肌への刺激が少ない成分です。

 

このように調べた結果「これは使用したら危険だ!」という成分はパイナップル豆乳ローションに配合されていませんでした。

 

パイナップル豆乳ローションを使用して副作用はあるのか?

パイナップル豆乳ローションの危険性は無いことが分かりましたが、使用して副作用はあるのでしょうか?

 

調べた成分の中で気になるものがありました。それは「メチルパラペン」です。

 

メチルパラペンは紫外線に当たると肌細胞の老化を進めてしまう作用があり、使用することでシミや皺が出来やすくなる可能性があるのです。

 

ですが、化粧品の成分に配合出来る上限は1%と決められていますので、使用して深刻な肌トラブルが起きてしまう!などの心配はありません。

 

ですが、紫外線過敏症など、紫外線アレルギーがある人は使用する時には注意するようにしましょう。

 

メチルパラペンが成分に入っているからパイナップル豆乳ローションは使わない方が良いかと言われればそれは違います。

 

化粧品に配合されている原料は薬事法に基づき、人体に害のないものを配合するように規制がきちんとされています。

 

販売されている化粧品は厚生労働省から販売の許可をとっているので安心して使用することが出来ます。

 

勿論、パイナップル豆乳ローションもです。

 

肌に優しい成分で作られているパイナップル豆乳ローションですが、成分にアレルギーがある人以外で使用して体調が悪くなったなどの報告は見られないので安心して使用してください。

 

私が今まで使用した除毛ケア用品の中ではダントツで使用感も良いし、お肌もぴりぴりすることなく使えているので、敏感肌の人や、お肌に不安がある人は鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションで除毛ケアをして欲しいです。

 

ですがやはりパイナップル豆乳ローションも化粧品なので全ての人の肌質に合うとは限らないので、使用してみて異常等があった場合にはすぐに使用を中止してくださいね。

 

パイナップル豆乳ローション 口コミ